友人の金買取に影響された私の体験

久しぶりに友人宅に招かれて、近況報告をしていた時に、彼女が金を売ったのだと言い出しました。
『この前、金を売りに行ったの。アクセサリーとかあまりつけないから売っちゃえーって思って』と。
『でもこれは売れなかったわ。メッキなんだって。』と、テーブルの上に出したのはネクタイぴんとカフスボタンのセットでした。

たまたま金買取という広告を見て、遠方から出張鑑定にきた業者に見てもらったのだそうです。
ネックレスや指輪など、もう使わないと思うものを数点と、そのカフスボタンのセットなどを持ち込んだのだと言います。
アクセサリーは重さを量って、5千円程度で買い取られたそうです。
彼女の旦那さんは手広く事業をしていて生活は豊かです。
しっかりものの彼女は、お金に不自由はしていないのに、不用品をよくリサイクルショップに売りに行きます。
今回の金もその処分感覚だったのでしょうが、その思い切りの良さに驚いてしまいました。

近年、金が高騰しているのはテレビの特番などで私も知っていました。
テレビ番組の中では、持ち込んだ人のたくさんのアクセサリーの中から金だけを取り出して買い取っていました。
見ていた時は、現実感をあまり感じませんでしたが、彼女の話で急に身近なこととして考え始めました。

私も親が買ってくれたアクセサリー数点と、父からもらった金杯があります。
アクセサリーはどれも景気が良いバブルの時期に買ってもらったもので、10万円以上のものばかりです。
そして金杯は父が大切にしていたもので、私が嫁ぐ時に嫁入り道具として持たせてくれたものなのです。

いったいいくらになるのだろうと、家中から金を集めて、はかりに乗せてみました。
時価に換算すると10万円以上です。
どれも使っていないものなのだから、売ってしまっても良い気がします。
しかし新聞の金価格というのは、純金だろうから18金だと安くなるのかもしれません。
あれこれ考えながら、とりあえず見てもらうだけでも行ってみようと決心しました。

ドキドキしながら、金製品を差し出すと金杯を見て『いい金杯ですね』と言われました。
査定金額は6万円で、やはり純金ではないので買取価格が予想以下の金額でした。
売っても良いつもりで出かけましたが、少し悩んでしまいました。
アクセサリーはともかく、金杯は父がくれたものですし、売ってしまったら後悔するかもしれません。
結局、全部持ち帰ることにしましたが、いざと言う時に売ることができるとわかったことが収穫でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です